買った・使った・売った撮影機材の記録など


by yashicaminister
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

オリンパスSP-100

 よい発想のカメラだと思います。
f0307538_18171365.jpg

 35ミリ判換算で1200mmもの超望遠になるなら、照準器は必須。光学ファインダーがないならなおのこと。ビルトインなら毎回毎回照準器合わせしなくていいだろうし、年を取って重いカメラ&レンズが持てなくなったときには、こんなのが更に進化発展してたら嬉しいな。
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-30 18:18 | カメラ

汎用フィルター44枚

 一昨日、昨日の土日は一歩も外に出ず、家で機材の整理。5つの箱・収納ケースに雑多に分かれて収納されていたケンコー・マルミ・ハクバの汎用フィルタとステップアップリングを、フィルター径ごとに秩序付けて収納し直す。
f0307538_22274913.jpg
 ↑は整理前。

 汎用フィルタ(保護フィルタ、NDフィルタ、カラーフィルタ、PLフィルタ、その他)は、下の通り、合計44枚あることが判明。ライカやハッセル、キヤノンのフィルタは別個に整理が必要(汗)。これはまた後日。
f0307538_22314721.gif


 ついでにカメラ・レンズの整理も敢行。2014年1月25日現在、カメラは57台、レンズは106本あることが判明。
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-27 22:30 | アクセサリ
 ようやくEOS-1D Xのファームアップして、ファームウェア最新の2.0.3にしました。

 いや、キヤノンのデジタル一眼レフは10D(2台), 20D(2台), 1D, 1D2N, 1D4, 7D(3台), 1Ds3と使ってきてますから、ファームアップなんてマニュアル読まなくてもできますけどね、でもこないだファームアップしたペンタックスの645Dの詳しすぎるファームアップの説明書きに比べて、キヤノンの説明書きの淡泊に過ぎること!

 キヤノンのHPから「ファームウェアのダウンロード」をクリックしたら、自分のコンピュータに「eos1dx-v203-win」ってフォルダができるから、その中の「1DX00203.FIR」ってファイルを1DXで初期化したコンパクトフラッシュ(CF)にコピーして、それを1DXにセットし、電源入れてMENUから「ファームウェア」選んで更新する、くらいの最低限のファイル名やフォルダ名は入れてもらいたいもんです。以上
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-26 17:44 | カメラ

2013年12月29日 鞆の浦

 帰省がてら650kmの道のりを車走らせて初訪問。まずは午前中、超広角レンズUltra Wide-Heliar 12mm F5.6をつけたソニーα7を持って海沿いを散歩。
f0307538_22232467.jpg
f0307538_22233498.jpg
f0307538_22234614.jpg

 やはり周辺は流れる。また青空いっぱいだと赤っぽい色転びも目立つ。それでも太平洋側、というか瀬戸内の冬の晴天の朝は気持ちいい。
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-25 22:26 | レンズ
 久しぶりにやってしまいました、安物買いの銭失い!^^; 小銭を浮かせようとして、結局は損をするという罠。もう騙されないぞと決心したのに、忘れたころにやられてしまう。。。人生いつまでたっても勉強です。

 今回久々にやられてしまったのは、(1)ハッセルブラッド→ペンタックス645マウントアダプタと、(2)ペンタックス645→ペンタックスKのマウントアダプタ。

 前者は645Dを鳥撮りだけに使うのではなく、普段使いもしたいという意図から、後者は、ペンタ645用の望遠レンズをKマウントでも使えたらさらなる望遠効果が望めて鳥撮りにもGOOD?なんて思惑から、それぞれ購入したものです。

 どちらも新品で3英世台という激安価格。怪しさ満点でしたが、果たしてアマゾンでポチった結果、届いたのは10日後。。。なぜ?、ってそれは外国からやってきたから。↓
f0307538_23294533.jpg


 いやはや、アマゾンだからちょっと調べればわかったんですが、案の定中国のメーカー。ま、それでも、これまでも日本のお店で買ってても中国産なんてのはざらにあっただろうし、KIPONやBENROなど、中国でもまあまあなものを作ってるところもあるし・・・、なんて淡い期待は見事に崩れ去り。。。(涙)

 箱を開けてみて、
f0307538_2333017.jpg


 中身を取り出すと、
f0307538_23335888.jpg

f0307538_23341945.jpg


 それぞれ、外観は問題なさそうなんですが、実際つけてみると・・・、

 
 (1)はレンズ側はスムーズに装着でき、ロック機構も働いて、いけるかな?と思えたものの、カメラボディに取り付ける方のアダプタの面が工作精度が悪く、激固! 引っ掛かりまくって全然装着できない。というか、力技で取り付けたらカメラの方のマウント壊れそう・・・。

 (2)の方に至っては、アダプタをレンズに装着してもロック機構も何もない! これじゃあ撮影中、いつボディまたはレンズの方がぽろっと外れて落下するかわからない・・・。当然純正のアダプタについている絞り連動機構など望むべくもなく・・・。

 ということで、(2)の方は自分で改良の努力をし、無理なら安居酒屋で一回飲めた額をどぶに捨てる覚悟をしないといけないようです。(涙)

 (1)の方は苦労してなんとかハッセル用レンズPlanar CFE 80mm F2.8をペンタ645に装着できましたが↓、一度つけたら外すのも恐いし、さすがに何度も着脱を繰り返すのは憚られます。ということでこちらもゴミ? 安居酒屋2回分ふいにしてしまったようです。(滝涙)
f0307538_23432439.jpg

 マウントアダプタはさまざまなものを30以上所有していますが、今回のようなのは初めてです。まさかマウントアダプタにやられるとは・・・、ええ、人生いつまでも勉強です。^^;(なぜに二度言う?>自分)
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-23 23:42 | アクセサリ

宗介の家

 はや6年になりますか。宮崎駿監督の2008年のアニメ映画『崖の上のポニョ』、そのモデルとなった町は、広島県福山市鞆の浦ってことなんですが、尾道に行く前日、行ってみました。で、ポニョと並ぶ映画の主人公、宗介が母親のリサと住んでいる家を発見しました。その家、映画ではこんな感じ。↓
f0307538_084194.jpg
 例によって、手持ちのDVDからスクリーンショットです。

 で、この家のモデルとなったのが鞆の浦にあるこの家。↓
f0307538_094462.jpg
 ちょっと小さいですが、画面右上の方の、薄い黄色の壁に赤い屋根の家がそれです。そっくりでしょう? ってモデルなんだから当たり前ですが。。。

 去年11月末には『おおかみこどもの雨と雪』の花の家を訪問しましたが、いわゆる「聖地巡礼」が楽しい今日この頃です。
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-21 00:13 | レンズ

尾道2景

f0307538_21552264.jpg
f0307538_21553643.jpg
α7, Summicron 50mm F2

 2013年暮れの尾道、千光寺の鐘と、ポンポン岩から眺めた尾道水道。
 持ち出したのは、現在手持ちのライカレンズの中で唯一新品購入のズミクロン50mm F2。2002年、当時はライカもキャッシュバックキャンペーンなんてやってて、このレンズ、新品を7諭吉ほどで手に入れたのでした。またそんなのやってくれないかな?^^
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-18 22:04 | レンズ
 中古品を手に入れて3週間、ようやくタイトルのレンズで試し撮りができました。

 ペンタックス645Dにつけると35ミリ判換算で焦点距離480mm相当、ということで、ブレには気を遣いますが、いかんせん、雨・雪に加え、強風も吹く中での撮影ということでなかなか思うように撮れず・・・。ソニーα7のEVFのピント拡大に甘やかされてしまった目ではOVFでのMFはけっこうきつく・・・。しかもシャッターラグもかなりある、ってことで、ってあれ、言い訳ばっかり書いてますね。^^;

 相当なじゃじゃ馬ぶりが、腕が鳴る、馴らし甲斐があるなぁ~、って話です。v^^
f0307538_11282652.jpg
 ばっちりピントが来るとさすがデジタル中判、って感じ。

f0307538_11285433.jpg
 飛びものはまだまだ訓練が必要です。シャッターラグを考えたピント合わせがなかなかできなひ・・・。(汗)

f0307538_11291038.jpg
 もっと近づいてくるか?と思った矢先、急に反転して遠ざかって行きました。理由は簡単。車内から狙っている僕の車の周りに、カメラを持った見知らぬ人が二人。さすがに人の姿を見たら一定距離以上は保つ、そんな警戒心は持ち合わせているようです。
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-13 11:33 | レンズ
f0307538_1495127.jpg
f0307538_1410284.jpg
f0307538_14101678.jpg
α7, Ultra Wide-Heliar 12mm F5.6

 12mmという、超が2回ついてもおかしくないほどの広角となれば、完全順光以外では太陽が画面のどこかに入ってきてしまいます。となると、ゴーストやフレアがどうしても出てきてしまいます。特に写真もろくに撮らない、撮ったとしても自分の写真をほとんど公開したりしないスペックヲタクの機材好きの方の中にはゴーストやフレアが出ることをもって、それだけでダメなレンズという烙印を押したがる人が見受けられるようですが、僕自身は嫌いじゃありません。強い光が入れば出て当たり前ですし、それをレンズ設計やコーティングなどで防ぐのはすごいことだと思いますが、そんな力技で他の点がおろそかにされる(重くなる、ボケが汚くなる、高くなる、など)なら、そこまでしなくても、と思います。

 パナのG1以来のEVF搭載機なので、すっかり忘れてましたが、EVFってゴーストやフレアの出る場所がわかってよいですね。効果として積極的に使ってみたいです。ゴーストの形や色まではわからないのは残念ですが、OVFにはできない数少ないEVFにしかない利点ですね。
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-11 14:19 | レンズ
f0307538_21335637.jpg
α7 + Ultra Wide-Heliar 12mm F5.6


 年末は遠出をして温泉宿にゆっくり2泊してきました。で、もちろんついでに観光もしたのですが、そのときにようやく!2013年11月の発売日に購入したソニーのα7でまとまった枚数を撮影できました(と言っても2日で500枚ほど)。

 ↑の写真もそのうちの1枚ですが、本当ならもっともっと撮りたいところ、なぜ500枚で打ち止めだったのか?

 それは、バッテリー2個ではそれが限界だったから!です。(涙)

 撮影可能枚数ってそんな少ないものなのかな?と疑問に思い、帰ってきて調べたところ、驚愕の事実?が発覚!

 カタログによると、静止画撮影可能枚数は約270枚と約340枚とのことなのですが、前者はファインダー使用時、後者は液晶モニタ使用時の数字! つまり、ファインダーを使った方が撮影可能枚数が少なくなるのです!!??

 すんません、ぢつはすぐには腑に落ちませんでした。なんで液晶モニタの方が大きいのに、より小さなファインダー使用時の方が撮影可能枚数が少なくなるの?、って・・・。

 で、さらに調べてみてあっさり解決! ファインダーが約236万ドットと超高精細なのに対し、液晶モニタは約92万ドット。消費電力もファインダー使用時は3.5Wなのに対し、液晶モニタ使用時は2.7Wと少な目なんですね。納得!

 って、だからといって液晶モニタ使おうとは思いません。そんな肝いりのファインダーならとことん使ってやろうじゃない!ってむしろ思ってますよ。できればOVFがいいですけど、EVFもα7のなら満足してますし。

 となるとバッテリー買わんと・・・。爆





 
 
[PR]
by yashicaminister | 2014-01-04 21:47 | カメラ