買った・使った・売った撮影機材の記録など


by yashicaminister
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:Biogon 28/2.8 ( 5 ) タグの人気記事

EOS 5D Mark II + Planar 50mm F1.4

 写りも、レンズの質感、デザインも大好きなレンズ、ヤシコンPlanar 50mm F1.4。

 最近は異常にその値が高騰してますが、やはりミラーレスで気軽にマウント遊びができるようになったのがその原因でしょうか?

 ただ、Planar 50mm F1.4に関しては、例えばソニーのα7(R)を待つことなく、EOSのフルサイズ撮像素子デジタル一眼レフでその描写を余すところなく堪能できたのですがね。僕の場合、EOS 5D Mark II と合わせてこんな↓感じで、もうかれこれ5年以上楽しんでます。
f0307538_2210418.jpg
↑の写真を撮ったのはSony α7, G-Biogon 28mm F2.8

 ヤシコンレンズをデジタルで楽しむなら、たしかにミラーレスでというのも一興ですが、古くからのカメラファンとしては、ぜひとも電子ファインダーではなく、光学ファインダーで楽しみたいもの。そうなると、EOS 5D Mark IIは最適の母艦と言えます。

 というのも、もともと5D2はそのAF性能が?だから。^^; マウント遊びなら潔くMFだから、母艦のAF性能なんて関係ないですしね。それに5D2はスーパープレシジョンにファインダースクリーンが交換可能! このあたり、AF性能が上がったことでファインダースクリーン固定式になった5D3よりはるかに分があります。そもそも中古価格も5D3の半額以下ですしね、5D2なら。

 ってことで、ヤシコンに踏み出そうとしているあなた、5D2、買いですよ~。^^
f0307538_22174075.jpg
EOS 5D Mark II, Planar 50mm F1.4

[PR]
by yashicaminister | 2013-12-03 22:18 | カメラ

花の家の囲炉裏部屋

f0307538_2113090.jpg
α7, G-Biogon 28mm F2.8

 ちなみに映画の中ではこんな↓感じ。
f0307538_2122792.jpg

 
- - -

 某デジカメ情報HPに、α7RにG-Hologonつけた人の記事が載ってましたね。自分でやらなくてよかった。大事なかったんでしょうか。続報が気にかかります。^^
[PR]
by yashicaminister | 2013-11-27 21:04 | レンズ

花の家

 勤労感謝の日に撮ってきた花の家のモデルと、劇中の『おおかみこどもの雨と雪』の花の家、比較してみるとこんな↓感じ。
f0307538_18404877.jpg
f0307538_18405723.jpg
f0307538_1841212.jpg
 1枚目の写真、周辺が流れているのはカメラのせいじゃなく、撮像素子すれすれまで到達した対称型レンズのせいでしょう。↑の2枚と3枚目は、購入したDVDからスクリーンプリントしたものです。
[PR]
by yashicaminister | 2013-11-26 18:38 | アクセサリ

α7 + CONTAX G-Biogon 28mm F2.8

f0307538_1744565.jpg

 昨日の記事に書いた通り、無印α7だとコンタックスGのビオゴン28mm F2.8でも派手な色転び・色被りは出ません。各所の噂どおりだと妙に安心してしまいます。ええ、小市民なんです。^^;

 ちなみに↑の写真は5D2にヤシコンのPlanar 50mm F1.4を装着し、1段絞って撮りました。v^^
[PR]
by yashicaminister | 2013-11-24 10:03 | レンズ
 3人で遠征お出かけのはずが、うち2人に仕事が入ったり不幸があったりで、たった一人残されたものだから、独りでプチ遠征して細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』の聖地巡礼をば、と雨と雪のお母さん花さんの家を目指すことに! お供はもちろん先週やってきたSONY α7に、今日はレンズ2本、CONTAX G-Biogon 28mm F2.8とCanon New FD 85mm F1.2L。

 事前に調べてはいたものの、近づくにつれ道は険しく、細く、暗く。。。でもなんとか着きました!
f0307538_15582982.jpg
α7, G-Biogon 28mm F2.8, f2.8

 えー、驚きです! α7Rでは盛大な色被り・色転びが長辺両端に出るという噂のこのレンズ、マウントアダプタ経由でα7で使用した場合は↑のように、ぜんぜん被らない・転ばない! いや、もしくはそうなってたとしてもほとんど目立たないレベル! しかも↑の写真、」絞り開放です!
 無印(=Rの付かない方)では対称型で後玉の出っぱってるレンズでもいけそう、てな噂はネット各所で読んでましたが、自分でも同じことが確かめられました。って、これ、ソニーの罠? R付き買った人に広角用に無印も買わそうってか?^^;

f0307538_15583561.jpg
α7, G-Biogon 28mm F2.8, f2.8

 1枚目もそうですが、↑も絞り開放だと周辺が流れますねぇ。それと減光具合も暗いところでもわかるレベル。ま、いずれも僕には大したことではありませんが。 

f0307538_15584165.jpg
α7, G-Biogon 28mm F2.8, f8

 帰ろうと外に出たらボランティアで花の家の手伝いをしている人の車発見! Gビオゴン28mm F2.8のほぼ最短撮影距離で撮影すれば絞りをF8まで絞っていても背景はボケるのです。

 あ、言うまでもなく↑の3枚はリサイズのみで、ノートリです。って、両端の色転び・色被りの話してるんですから、当たり前ですが。^^

- - -

 花の家は、今シーズンの開放は今日まで、明日24日は午前に雪囲いをして、午後は「花の畑で収穫しよう」みたいなイベントがあって、その後は来シーズンまで一般開放はないようです。急な用事だったから仕方ないですが、友人連にフラれた後、独りででも有意義に土曜日を過ごせてラッキーでした。v^^
[PR]
by yashicaminister | 2013-11-23 16:59 | レンズ